忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/25 19:17 |
見なし弁済規定について

見なし弁済規定について

見なし弁済規定が認められる条件とは?

一定の条件を満たせば、利息制限法の上限金利を超えることが許されます
では条件とは一体何なのでしょう?

条件に関する法律が貸金業規正法四十三条で、「みなし弁済規定」とも呼ばれています。みなし弁済規定が認められるためには、ある一定の条件を満たさなければなりません。  

二つの書面の交付が揃っていること。

それは契約締結時に契約内容を記した貸金業法十七条書面と、返済時の受取証書である十八条書面の交付などの要件が揃っていなければならないというものです。非常に難しい表現ですが、簡単に言ってしまうと借り手側が18.00~29.2%という金利で借りることを了解して金銭を借り、その金利の支払いを行うことを了解した、ということを証明する書面を揃えるということです。

と言ってもわかりにくいです。言い換えると、

○契約締結時の契約内容を記した貸金業法十七条書面
○返済時の受取証書である十八条書面


この二つ。

さらに砕いて言うと、

借りたときの契約内容
返したっていう証拠


この二つです。

----------------------------------

貸金業マーケットの健全化を図るのが目的


利息制限法に違反しても出資法に違反しなければいいというのは、ダブルスタンダードではないかという批判もあるかもしれません。しかし、このみなし弁済規定はある意味で特例規定なのです。その背景には貸金業マーケットの健全化を図る目的があります。

つまり、一見すると消費者金融側だけにメリットがある制度のように思えますが、違法な契約を防ぐために貸金業者に適切な書面交付を行わせ、そして適切な書面交付によって借り手側に適正な契約であることを認識してもらう。

貸金業マーケットの健全化につながる、という趣旨で様々なことが執り行われています。
PR

2007/02/26 16:09 | 借入50万回避!借入の値段でキャッシング即日振込みが決定する!
金利を比較する
金利を比較する

大手専業の金利は信販系よりも低い?

まず消費者金融会社の規模と金利の関係について見てみます。融資限度額は50万円と設定します。スタートとして一番多いと思います、この50万が。

キャッシングで即日振込可能と言われている(実際は審査等があり人や支店によりますが)大手消費者金融専業会社のうち武富士、アコム、プロミス、アイフル、ほのぼのレイク、三洋信販は「大手6社」と呼ばれています。

よく覚えてくださいね。

武富士
アコム
プロミス
アイフル
ほのぼのレイク
三洋信販


この6社が大手です。つまり、まずここに行きましょう!ということです。さすがに大手と言われるだけあって金利もクレジット会社のキャッシングよりも低いです。

大手だけに対応もよく安心感があるため、初めて利用するには最適でしょう。これに続くのが準大手消費者金融で、金利も大手とさほど引けを取りません。CFJやシンキ 、ニッシンなどが代表的な会社で、大手で借入できなくなった資金需要者の受け皿ですが、サービスに画期的なものが多いです。

CFJ
シンキ
ニッシン


ちゃんとしたサービスを提供していると思います。




中小、零細になるほど金利は高め
キャッシングで即日振込とはいっても、中堅消費者金融になると、金利は出資法で認められている上限ギリギリの29.2%であることが多いようです。大手や準大手で借りられない資金需要者の利用が多いです。 キャッシングで即日振込なんていうと飛びつく人が多いのはこのレベルです。なぜなら今まで審査で落ち続けてきて、もうここしかない、と言う状況、今日中しかない、という状況のケースが多いからです。

さらにキャッシング即日振込できる中小消費者金融や零細消費者金融になると、ほとんどの社が29.2%と言っていいでしょう。中小は金利が高く画期的なサービスも少ないものの、その代わり審査に柔軟性があります。消費者金融を初めて利用する人はまず借りないのが普通です。一方、零細は主に地域を限定している業者が多く全国展開はしていないのが特徴。キャッシング即日振込必要な状況だとどこでもいい、というかんじょうになりがちですね。

こうして見ると、キャッシング即日振込を望む場合は特に規模が大きいほど金利が低く、審査が厳しいということがわかります。これは銀行系、信販系、消費者金融と同様の相関関係にあると言えるでしょう。

2007/02/26 16:01 | 借入50万回避!借入の値段でキャッシング即日振込みが決定する!
キャッシング即日振込を確実にする方法 金利とは!

キャッシング即日振込を確実にする方法



借入金には利息がつく~消費者金融の利息とは?~

キャッシング即日振込後、お金が入ってはっぴーなのはいいのですが、キャッシング即日にかかわらず、消費者金融の金利は実質年率として表示、加算されます。まず借りたら返す、借りる分ちょっと多めに返す、はしっかり認識しましょう。

そして、この実質年率とは、年間の金利のことで29.2%が上限と法律で決まっています。

キャッシング即日で得た場合でも、金利または実質年率を言うと、1年間にどれだけの利息が付くかということだと言えるでしょう。一般に消費者金融会社では、借りた日数だけ利息がかかる日割計算を行うので(銀行などでは月割り計算が一般的)、実質年率から借りた日数分の利息を計算することになります。

わかり易いですよね。

借りた日が長いほど、利息が多くなっていく。すなわち返す金額もちょっぴり上がる、ということ。

早く返すのに越したことはありません。

この日割り計算は消費者金融の大きなメリットで、利用したその日から完済することが可能なので使い方次第では利息もほとんどかかりません。返済するのが早ければ早いほど利息も安くて、お得なのが消費者金融なのです。


なぜ消費者金融の金利は高いのか?



しかし大手銀行系などのローンは29%よりもはるかに低い金利です。ゼロ金利という超低金利時代の現在、消費者金融の金利は高すぎるという批判があります。

しかし、消費者金融は無担保で小口の融資という性格を持っているので、借り手の信用力を調査しながらリスクを抑えるためのコストがかかります。

つまり銀行とかで借りれらない人に貸すために、それだけリスクがある。したがってやや高めの金利でプレッシャーを下稀有必要があるともいえます。キャッシング即日振込で即日につかっちゃった、と言う性格の人でも貸してくれる代わりに、それだけリスクをカバーする保険=金利(29%)をかけないと会社がつぶれてしまう、と言うこともいえます。

また、なるべくリスクを抑えるとはいっても、ある程度の貸し倒れリスクを見込んでおかないと幅広い層への融資が不可能になってしまいます。

したがって、上限29%という高めの設定になっているのです。
また、営業ネットワークの整備や契約者に対するサービスのために、きめ細かい人材の配置を行うなどのコストも必要になってきます。確かに、ゼロ金利は資金調達コストの低下につながってはいるものの、コスト全体からすれば営業金利を必ずしも決定づけるものとは言えません。

2007/02/26 15:50 | 借入50万回避!借入の値段でキャッシング即日振込みが決定する!

| HOME |
忍者ブログ[PR]