忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/25 19:16 |
キャッシング即日振込を確実にする方法 金利とは!

キャッシング即日振込を確実にする方法



借入金には利息がつく~消費者金融の利息とは?~

キャッシング即日振込後、お金が入ってはっぴーなのはいいのですが、キャッシング即日にかかわらず、消費者金融の金利は実質年率として表示、加算されます。まず借りたら返す、借りる分ちょっと多めに返す、はしっかり認識しましょう。

そして、この実質年率とは、年間の金利のことで29.2%が上限と法律で決まっています。

キャッシング即日で得た場合でも、金利または実質年率を言うと、1年間にどれだけの利息が付くかということだと言えるでしょう。一般に消費者金融会社では、借りた日数だけ利息がかかる日割計算を行うので(銀行などでは月割り計算が一般的)、実質年率から借りた日数分の利息を計算することになります。

わかり易いですよね。

借りた日が長いほど、利息が多くなっていく。すなわち返す金額もちょっぴり上がる、ということ。

早く返すのに越したことはありません。

この日割り計算は消費者金融の大きなメリットで、利用したその日から完済することが可能なので使い方次第では利息もほとんどかかりません。返済するのが早ければ早いほど利息も安くて、お得なのが消費者金融なのです。


なぜ消費者金融の金利は高いのか?



しかし大手銀行系などのローンは29%よりもはるかに低い金利です。ゼロ金利という超低金利時代の現在、消費者金融の金利は高すぎるという批判があります。

しかし、消費者金融は無担保で小口の融資という性格を持っているので、借り手の信用力を調査しながらリスクを抑えるためのコストがかかります。

つまり銀行とかで借りれらない人に貸すために、それだけリスクがある。したがってやや高めの金利でプレッシャーを下稀有必要があるともいえます。キャッシング即日振込で即日につかっちゃった、と言う性格の人でも貸してくれる代わりに、それだけリスクをカバーする保険=金利(29%)をかけないと会社がつぶれてしまう、と言うこともいえます。

また、なるべくリスクを抑えるとはいっても、ある程度の貸し倒れリスクを見込んでおかないと幅広い層への融資が不可能になってしまいます。

したがって、上限29%という高めの設定になっているのです。
また、営業ネットワークの整備や契約者に対するサービスのために、きめ細かい人材の配置を行うなどのコストも必要になってきます。確かに、ゼロ金利は資金調達コストの低下につながってはいるものの、コスト全体からすれば営業金利を必ずしも決定づけるものとは言えません。
PR

2007/02/26 15:50 | 借入50万回避!借入の値段でキャッシング即日振込みが決定する!

<<金利を比較する | HOME |
忍者ブログ[PR]