忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/27 04:33 |
金利を比較する
金利を比較する

大手専業の金利は信販系よりも低い?

まず消費者金融会社の規模と金利の関係について見てみます。融資限度額は50万円と設定します。スタートとして一番多いと思います、この50万が。

キャッシングで即日振込可能と言われている(実際は審査等があり人や支店によりますが)大手消費者金融専業会社のうち武富士、アコム、プロミス、アイフル、ほのぼのレイク、三洋信販は「大手6社」と呼ばれています。

よく覚えてくださいね。

武富士
アコム
プロミス
アイフル
ほのぼのレイク
三洋信販


この6社が大手です。つまり、まずここに行きましょう!ということです。さすがに大手と言われるだけあって金利もクレジット会社のキャッシングよりも低いです。

大手だけに対応もよく安心感があるため、初めて利用するには最適でしょう。これに続くのが準大手消費者金融で、金利も大手とさほど引けを取りません。CFJやシンキ 、ニッシンなどが代表的な会社で、大手で借入できなくなった資金需要者の受け皿ですが、サービスに画期的なものが多いです。

CFJ
シンキ
ニッシン


ちゃんとしたサービスを提供していると思います。




中小、零細になるほど金利は高め
キャッシングで即日振込とはいっても、中堅消費者金融になると、金利は出資法で認められている上限ギリギリの29.2%であることが多いようです。大手や準大手で借りられない資金需要者の利用が多いです。 キャッシングで即日振込なんていうと飛びつく人が多いのはこのレベルです。なぜなら今まで審査で落ち続けてきて、もうここしかない、と言う状況、今日中しかない、という状況のケースが多いからです。

さらにキャッシング即日振込できる中小消費者金融や零細消費者金融になると、ほとんどの社が29.2%と言っていいでしょう。中小は金利が高く画期的なサービスも少ないものの、その代わり審査に柔軟性があります。消費者金融を初めて利用する人はまず借りないのが普通です。一方、零細は主に地域を限定している業者が多く全国展開はしていないのが特徴。キャッシング即日振込必要な状況だとどこでもいい、というかんじょうになりがちですね。

こうして見ると、キャッシング即日振込を望む場合は特に規模が大きいほど金利が低く、審査が厳しいということがわかります。これは銀行系、信販系、消費者金融と同様の相関関係にあると言えるでしょう。
PR

2007/02/26 16:01 | 借入50万回避!借入の値段でキャッシング即日振込みが決定する!

<<見なし弁済規定について | HOME | キャッシング即日振込を確実にする方法 金利とは!>>
忍者ブログ[PR]